1億2千万回分追加供給 ファイザーと協議、田村厚労相  

 田村憲久厚生労働相は20日午前の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンについて、米製薬大手ファイザー社と来年初頭から1億2千万回分の追加供給を受けることを前提に、協議を進めていることを明らかにした。2回接種を終えた人に行う3回目の追加接種(ブースター接種)を念頭に置いた対応とみられる。
(産経BIZ 健康編)