自公幹事長「療養施設確保を」 軽中等症患者対策

 自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長は24日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自宅療養者急増を踏まえ、軽症・中等症患者向けの病床と宿泊療養施設の確保が必要との認識で一致した。重症化を防ぐ抗体カクテル療法の活用や、酸素ステーションの整備を政府に求めることも確認した。
(産経BIZ 健康編)