福岡県などホテル療養者にも抗体カクテル療法 体制拡充を検討

 福岡県と同県医師会は16日、新型コロナウイルスの増殖を抑える2種類の中和抗体を組み合わせた点滴で薬を投与する「抗体カクテル療法」を宿泊療養施設で始めたと発表した。医師と看護師による専門チームを編成し、投与前後に経過を観察し、容体悪化にも即応する。宿泊療養施設での抗体カクテル療法は東京都に続き2例目。県は効果や薬剤の確保体制を見極めながら体制拡充を検討する。
(産経BIZ 健康編)