東京・青海埠頭にヒアリ200匹

 環境省は18日、東京港・青海埠頭(ふとう)のコンテナヤードで、強毒を持つ南米原産のヒアリ約200匹が見つかったと発表した。いずれも働きアリで、女王アリや卵は発見されなかった。人的被害はない。
(産経BIZ 健康編)