ワクチン不足は「風評」ではない 接種率1位の山形が反発する理由

 新型コロナウイルスのワクチン供給不足をめぐり、自民党幹部が「風評」と評したことに波紋が広がっている。「供給不足は実際に起きている」「経緯を理解していない」と反発の声を上げたのは山形県知事と山形市長。背景には、ワクチン接種率で同県が全国1位の実績を挙げた現場の努力と工夫があった。
(産経BIZ 健康編)