コロナワクチンの健康被害、男女29人を初認定 アナフィラキシーなど 

 新型コロナウイルスワクチン接種後の健康被害について、厚生労働省の専門分科会は19日、41人分の申請について審議し、22~66歳の男女29人の健康被害を認定した。予防接種法に基づく救済制度で、新型コロナワクチンについて初めて審議された。
(産経BIZ 健康編)