「急激な自宅療養シフトは大きな負担」 中川日医会長が懸念

 日本医師会の中川俊男会長は4日の記者会見で、新型コロナウイルスの医療提供体制をめぐり、政府が重症者や重症化リスクの高い患者を入院対象とし、それ以外は自宅療養を基本とする方針を決めたことについ「自宅療養への急激なシフトは患者さんにとっても医療機関にも医療現場にも大きな負担をもたらす」と懸念を示した。
(産経BIZ 健康編)